本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

水素吸蔵材料技術の基礎と応用展開【LIVE配信】
2021-08-31
主 催  株式会社R&D支援センター
日 時   2021年08月31日(火) 13:00~17:00
 ※本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
聴講料  1名につき 49,500円(税込、資料付き)
    ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
     計49,500円(2人目無料)です。
 
講 師  九州大学 水素エネルギー国際研究センター 特任教授 
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所 名誉リサーチャー 
     理学博士 秋葉 悦男 氏
  【専門】 材料科学 水素エネルギー
 
  ◆受講証及び請求書は、株式会社R&D支援センターよりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込にて、原則として開催日までにお支払い下さい。
  ◆お申し込み後はキャンセルできません。
  ご都合が悪くなった場合は代理の方がご出席ください。

◆受講対象・レベル
①水素エネルギー関連の技術開発・ビジネスに関わっておられる方
②今後、水素エネルギーに関わることを検討している方
③水素貯蔵材料と水素貯蔵技術に関心のある方

◆習得できる知識
・水素エネルギーの貯蔵技術
・水素貯蔵材料の現状と活用
・水素貯蔵材料を利用した実証事業
・水素貯蔵材料の今後の展開 

◆趣旨 
 2050年のカーボンニュートラル実現のためには水素エネルギーの利活用が不可欠です。その中で水素を低圧で安全にかつ大量に貯蔵する技術として水素貯蔵材料が注目されています。水素貯蔵材料とはどのようなものか?開発の現状や応用技術は?幾つかの実証事業が進められているがその成果は?水素貯蔵材料以外の水素貯蔵輸送技術の現状?などについて解説します。 

◆プログラム 
1.水素の輸送貯蔵技術  
 1-1 水素エネルギーとは  
 1-2 気体、液体、固体を活用した水素輸送貯蔵技術 
2.水素エネルギーの利用  
 2-1 水素サプライチェーン  
 2-2 再生可能エネルギーの活用 
3.水素貯蔵材料と水素輸送貯蔵技術の現状  
 3-1 水素貯蔵材料の現状  
 3-2 材料開発の動向と今後の展開  
 3-3 大量・長距離水素輸送技術の現状 
4.水素貯蔵材料のおよび水素輸送貯蔵技術の今後の展開
TOPへ戻る