本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

統計学が専門でない人向けのサンプルサイズ設定演習【LIVE配信】
2020-11-17
主 催  株式会社R&D支援センター
日 時  2020年11月17日(火)10:30~16:30
 ※本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 
聴講料  1名につき 55,000円(税込、資料付き)
    ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
     計55,000円(2人目無料)です。
 
講 師  筑波大学 医学医療系 生物統計学 教授 博士(工学)
     五所 正彦 氏
   《専門》生物統計学,臨床試験論
 
  ◆受講証及び請求書は、株式会社R&D支援センターよりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込にて、原則として開催日までにお支払い下さい。
  ◆お申し込み後はキャンセルできません。
  ご都合が悪くなった場合は代理の方がご出席ください。
 
 
◆受講対象・レベル◆
医薬品,医療機器,食品,化粧品メーカー,大学や病院等で,臨床試験に携わっている方
 
◆趣旨◆
 サンプルサイズ設定は,臨床研究・臨床試験の計画段階で最も重要な仕事の1つです.本セミナーでは,サンプルサイズ設定に纏わる統計的課題を紹介し,サンプルサイズ設定の原理,考え方,定め方,設定根拠の示し方等を解説します.また,受講者がフリーの統計ソフトウェア(ダウンロード不要)を使って,サンプルサイズ設定を行う演習の時間を用意します.座学と演習を通じて,基本的なサンプルサイズ設定を実施できるようになることがねらいです.
 
 本セミナーは,医薬品,医療機器,食品,化粧品メーカー,大学や病院等で,臨床試験に携わっている方を対象としています.なお,本セミナーでは,数式をほとんど扱いませんので,統計の専門でない方々に,安心して参加していただける内容になっています.
 
◆プログラム◆
 1.サンプルサイズ設定とは
  1-1 倫理と科学
  1-2 実施可能性
  1-3 考え方
 2.サンプルサイズ設定の準備
  2-1 試験の仮説と構造
  2-2 探索的試験と検証的試験
  2-3 比較の型
  2-4 対照群の設定
  2-5 選択・除外基準
  2-6 エンドポイントの設定
  2-7 データの種類
  2-8 データの分布
  2-9 検定と推定
  2-10 αエラーと検出力
  2-11 主要な解析手法
  2-12 脱落の見積もり
  2-13 必要サンプルサイズを減らすコツ
 3.サンプルサイズ設定の実際
  3-1 サンプルサイズ設定のための情報収集
  3-2 サンプルサイズ設定の根拠
  3-3 サンプルサイズ設定の記載
  3-4 精度ベース
  3-5 検出力ベース
  3-6 単群試験
  3-7 並行群間比較試験
 4.サンプルサイズ設定演習
  4-1 Webベースの統計ソフトウェアによる演習
  4-2 一群の平均の評価
  4-3 一群の割合の評価
  4-4 二群の平均の比較
  4-5 二群の割合の比較
  4-6 二群の生存時間の比較
 
 【質疑応答】
TOPへ戻る