本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

先端・高性能マイクロ熱輸送・冷却デバイスの研究開発動向と応用展開
2019-11-25
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時   2019年11月25日(月) 13:00~16:30
会 場  東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F C会議室
聴講料  1名につき44,000円(税込、資料付き)
     【2名同時申し込みで1名分無料】
     ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
     ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
講 師  青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 博士(工学) 教授 
     麓 耕二 氏
      【専門】熱流体工学、伝熱工学
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 近年、電子デバイスの高集積化に伴い、機器からの発熱密度が増大している。またあらゆる機器の小型化によって冷却デバイスの小型化が必要とされている。本講演では、先端的なマイクロ熱輸送デバイスについて研究開発状況およびその実用可能性について紹介します。
 
◆講演内容◆
1.はじめに
 1.1 求められるサーマルマネージメント
 1.2 小型化する電子デバイスと熱制御技術
2.自励振動型ヒートパイプ(PHP)
 2.1 ヒートパイプの種類と特徴
 2.2 小型化するヒートパイプPHP
 2.3 宇宙環境でのPHP応用
 2.4 セルフリウェッテイング溶液による性能向上効果
3.感温磁性流体によるパッシブ熱輸送デバイス
 3.1 感温磁性流体の種類と特徴
 3.2 熱輸送デバイスの動作原理
 3.3 熱輸送量と性能評価
4.マイクロ熱輸送を可能にする熱輸送媒体の開発
 4.1 相変化ナノエマルションによる潜熱輸送
 4.2 微細氷スラリーによる冷却
5.バイオミメティクス的熱流体制御技術
 5.1 狭隘空間における熱交換デバイスの取組
 5.2 拡散層を介さない熱交換デバイスの取組
6.サーマルデバイスに関する新たなアプローチ
7.まとめ
 
  □質疑応答・名刺交換□

 
TOPへ戻る