本文へ移動

導電性高分子キャパシタの市場展望

導電性高分子キャパシタの市場展望

発刊日
2015年7月7日発刊
価格
レポートのみ:\90,000-(税別)
レポート+CD:\110,000-(税別)
体裁
A4×129頁A4×77頁
略称
キャパシタ2015
備 考
CDはレポートの内容をPDF化したものです。

調査のポイント

◆アルミ電解キャパシタ、導電性高分子アルミ固体電解キャパシタ
 (ハイブリッドキャパシタ含む)の市場動向
 ・市場規模、メーカシェア(数量/金額ベース;2014年)
 ・市場規模推移予測(数量/金額ベース;2014年~2020年)
  アプリケーション別
  ①民生機器 ②PC・スマートフォン・モバイル機器 ③通信・情報インフラ ④車載 ⑤産業・その他
  定格電圧別
   アルミ電解キャパシタ ①~100V ②100~250V③250~400V ④400V~
   導電性高分子アルミ固体電解キャパシタ ①~16V②16~35V ③35V~
 
◆タンタルキャパシタ、導電性高分子の市場動向
 
◇調査対象企業
 日本ケミコン、エルナー、NECトーキン、ローム、MAN YUE(萬裕)、LELON(立隆)他
 

目次

第1章 総論

1. サマリー 2
2. アルミキャパシタ全体・導電性高分子アルミキャパシタの市場規模推移予測 3
3. 導電性高分子アルミキャパシタの市場規模推移予測(定格電圧別) 5
4. 導電性高分子アルミキャパシタの市場規模推移予測(アプリケーション別) 7
5. 導電性高分子アルミキャパシタの各アプリケーションの動向 9
 5-1. 民生機器 9
 5-2. PC・スマホ・モバイル機器 11
 5-3. 通信・情報インフラ 13
 5-4. 車載 15
 5-5. 産業・その他 17
6. アルミキャパシタ全体・導電性高分子アルミキャパシタのメーカシェア(2014年) 19
7. 導電性高分子タンタルキャパシタの市場動向 21
 7-1. 市場規模および推移予測 21
 7-2. メーカシェア 21
8. キャパシタメーカの事業動向 22
9. キャパシタの開発動向・課題 23
10. 導電性高分子の動向 24
 10-1. 市場動向 24
 10-2. 材料別採用動向 24
 10-3. キャパシタメーカから導電性高分子への要求 24

第2章 概要

1. 導電性高分子キャパシタ 26
 1-1. 調査対象 26
 1-2. 主な役割、特徴・メリット、課題 26
 1-3. キャパシタの構造 27
 1-4. 技術的課題 29
 1-5. 低背化 29
2. 導電性高分子 29
 2-1. 導電性高分子の比較 29
 2-2. キャパシタ用導電性高分子材料の採用動向 30
 2-3. キャパシタ用導電性高分子の課題・キャパシタメーカからの要求 30

第3章 製品事例・参入企業

1. 導電性高分子キャパシタの製品事例 32
 1-1. 導電性高分子アルミキャパシタ(巻回型) 32
 1-2. 導電性高分子アルミキャパシタ(積層型) 32
 1-3. ハイブリッドキャパシタ 33
 1-4. 導電性高分子タンタルキャパシタ 33
2. 導電性高分子キャパシタの参入企業・生産拠点 34
 2-1. 日本企業一覧 34
 2-2. 海外企業一覧 34
 2-3. 導電性高分子キャパシタの生産拠点 35 3. 導電性高分子の参入企業 36

第4章 応用分野の動向

1. 電解キャパシタの使用例 38
2. 民生機器 39
 2-1. セット機器・装置のトレンド 39
 2-2. キャパシタが使われる部分・箇所のトレンド・仕様、キャパシタへの要求 39
 2-3. 使用されるキャパシタ 39
3. PC・スマートフォン・モバイル機器 41
 3-1. セット機器・装置のトレンド 41
 3-2. キャパシタが使われる部分・箇所のトレンド・仕様、キャパシタへの要求 41
 3-3. 使用されるキャパシタ 42
4. 通信・情報インフラ 44
 4-1. セット機器・装置のトレンド 44
 4-2. キャパシタが使われる部分・箇所のトレンド・仕様、キャパシタへの要求 44
 4-3. 使用されるキャパシタ 45
5. 車載 46
 5-1. セット機器・装置のトレンド 46
 5-2. キャパシタが使われる部分・箇所のトレンド・仕様、キャパシタへの要求 46
 5-3. 使用されるキャパシタ 46
6. 産業・その他 48
 6-1. セット機器・装置のトレンド 48
 6-2. キャパシタが使われる部分・箇所のトレンド・仕様、キャパシタへの要求 48
 6-3. 使用されるキャパシタ 49

第5章 市場動向

1. アルミキャパシタ全体 52
 1-1. 市場規模(2014年) 52
 1-2. メーカシェア(2014年) 54
 1-3. 市場規模推移予測 66
2. 導電性高分子アルミキャパシタ 73
 2-1. 市場規模(2014年) 73
 2-2. メーカシェア(2014年) 75
 2-3. 市場規模推移予測 90
3. タンタルキャパシタ 96
 3-1. 市場規模および推移予測 96
 3-2. メーカシェア 96
4. 導電性高分子 97
 4-1. 市場規模および推移予測 97
 4-2. メーカシェア 97

第6章 企業事例

・NECトーキン㈱ 99
・エルナー㈱ 102
・日本ケミコン㈱ 106
・ローム㈱ 110
・The Aihua Group 114
・APAQ TECHNOLOGU CO.,LTD. 116
・Taiwan Chinan Electronic Industrial Co., Ltd. 118
・Kaimei Electronic Corp 120
・Lelon Electronic Corp 122
・Man Yue Technology Holdings Limited 124

第7章 参考資料

1. アプリケーションの市場規模推移予測 127
2. 企業情報 128
 2-1. アジア企業の正式名称・漢標記 128
 2-2. URL 128
TOPへ戻る