本文へ移動

センサ材料・方式の技術・市場動向

センサ材料・方式の技術・市場動向

発刊日
2016年1月15日発刊
価格
レポートのみ:\90,000-(税別)
レポート+CD:\110,000-(税別)
体裁
A4×114頁
略称
センサ材料
備考
CDはレポートの内容をPDF化したものです。

調査のポイント

 柔軟性を有する、大面積化・薄化が可能を特長とし、圧力分布およびその経時変化が
 センシングできるセンサの材料・方式の技術・市場動向を材料・方式別、分野別に分析
- 材料・方式(6分類):
  有機圧電体、導電性繊維、導電ゴム、接触抵抗型、静電容量型、その他
- 分野(6分類):
  医療・介護、ウェアラブル・テキスタイル、民生機器、産業・自動車、社会インフラ、その他
◆材料・方式別、分野別の市場規模推移予測(金額ベース;2015年-2020年、2023年、2025年)
◆材料・方式別、分野別動向
◆参入企業動向

◇調査対象企業
 クレハ、帝人、村田製作所、グンゼ、東レ、イナバゴム、タカノ、ニッタ、オーギャ、住友理工 他

目次

第1章 総論

1. センサ材料・方式別市場規模 2
2. 応用分野別市場規模 4
3. 主な参入企業および販売動向 6

第2章 製品概要・参入企業

1. 材料・方式別動向 8
 1-1. 材料・方式別概要 8
 1-2. 材料・方式の一般的な特徴 10
2. 分野別動向 11
 2-1. 分野別の主な製品、使用目的・使用箇所 11
 2-2. 各分野における各材料・方式の動向、優位点など 12
3. 参入企業 13
 3-1. 材料・方式別 13
 3-2. 分野別 13
4. トピックス(ハプティクス、触覚技術) 15

第3章 市場動向

1. 市場の概況 17
 1-1. 材料・方式別動向 17
 1-2. 分野別動向 18
 1-3. 分野別材料・方式の動向 19
2. 市場規模(2015年) 20
 2-1. 全体市場 20
 2-2. 材料・方式別市場 22
 2-3. 分野別市場 23
3. 市場規模推移予測 25
 3-1. 全体市場規模予測 25
 3-2. 材料・方式別市場規模予測 28
 3-3. 分野別市場規模予測 36

第4章 企業事例

・旭化成せんい㈱ 45
・㈱朝日ラバー 48
・イナバゴム㈱ 52
・㈱オーギャ 55
・キヤノン化成㈱ 57
・㈱クレハ 59
・グンゼ㈱ 63
・㈱ケン・オートメーション 66
・産業技術総合研究所 69
・住友理工㈱ 72
・積水化学工業㈱ 76
・タカノ㈱ 78
・タッチエンス㈱ 81
・帝人㈱ 83
・㈱東京センサ 85
・東洋紡㈱ 88
・東レ㈱ 91
・ニッタ㈱ 94
・日本メクトロン㈱ 97
・バンドー化学㈱ 99
・藤倉ゴム工業㈱ 101
・㈱マルサン・ネーム 103
・ミツフジ㈱ 107
・㈱村田製作所 109
・ヤマハ㈱ 112
TOPへ戻る