本文へ移動

JMSセミナー:自社状況に応じた知財戦略の策定と推進方法

自社状況に応じた知財戦略の策定と推進方法

2022-07-05 ★Webセミナーとして開催します★
 
 企業における知財戦略の構築、戦略にもとづいた効果的な活動、および社内における知財教育のノウハウ等について知財を専門とする講師の方に詳しく解説いただきます。
 
主 催 ㈱ジャパンマーケティングサーベイ
日 時 2022年7月5日(火) 9:55~16:00 (予定)
 ★Webセミナー(Zoomウェビナーによるライブ配信)として開催いたします。
  会場での受講はありません。
聴講料 1名様 49,500円(税込) テキストを含む
定 員 50名
講演テーマ/講師
 
「自社状況に応じた知財戦略の策定と推進方法」
上柳特許事務所 所長 弁理士
(元セイコーエプソン(株)常務取締役 知的財産本部長)
上柳 雅誉 氏     
 
タイムテーブル(予定)
 10:00~12:00 前半
 12:00~13:00 休憩時間
 13:00~16:00 後半
 ※講演中、適宜休憩(5分~10分程度)を設けます。
 ※後半の部最後に質疑応答時間を設けます。
 
   セミナーを申し込む ※お申込みの詳細は、プログラムの下部をご参照ください。
 
 
◆講演内容◆

「自社状況に応じた知財戦略の策定と推進方法」
上柳 雅誉 氏

 各社の事業状況(扱い商品、業態、ポジション等)は千差万別で、一つとして同じ会社はありません。同様に知財環境や知財活動の状況も千差万別であります。 
 このような状況の中、先行企業や他社の成功事例をそのまま取り入れたとしてもうまくいかないことが多いと思います。
 本講義では、事業状況やその強みを多くのパターンで分類し、それぞれに適する知財戦略を事例と共に説明します。また企業内における知財活動で、多くの企業が直面する課題や障害について具体的な解決方法と共に知財強化方法を提供します。
 状況ごとにとるべき知財戦略や知財強化方法の違いを理解することにより、自社状況に最も適した知財戦略や知財強化方法を明確に認識してもらうことを目指します。

1. 企業における知財活動の役割変化   
 1.1 技術開発と知的財産  
 1.2 知財活動の役割の変化 
2.事業戦略と知財戦略  
 2.1 事業に貢献する知財戦略  
 2.2 全社知財戦略と個別知財戦略  
 2.3 経営戦略と知財戦略   
 2.4 全社知財戦略の例 
3.自社事業状況とその強み・特徴の確認  
 3.1 自社事業状況の分析  
 3.2 自社事業の強みの特定   
 3.3 強み技術の棚卸 
4.事業状況に応じた知財戦略  
 4.1 強みを守りきる知財戦略  
 4.2 事業ポジション(先・後発)による知財戦略  
 4.3 商品種別による知財戦略  
 4.4 事業形態による知財戦略  
 4.5 ビジネスモデルと知財戦略  
5.強み・特徴を活かす個別知財戦略の考え方と知財戦略事例  
 5.1 個別知財戦略の策定方法   
 5.2 強み・特徴毎のポイントと個別知財戦略事例     
6.自社知財状況の確認  
 6.1 自社知財力の確認  
 6.2 自社知財活動の現状確認  
7.自社知財状況に応じた知財強化戦略  
 7.1 開発研究部門に対する知財活動  
 7.2 経営陣に対する知財活動  
 7.3 知財部門の意識改革とステップアップ 
8.知財戦略の全社横断での推進方法と留意点  
 8.1 知財活動推進のポイント  
 8.2 知財活動の役割分担 
9.まとめ

◆申し込み要項◆
□申し込み方法
 弊社ホームページ及び講演会パンフレットの申込書に所定事項をご記入の上、弊社宛てに送信もしくはFAXお願い致します。
 申し込み書受領後、請求書を郵送致します。またWebセミナーの視聴方法について詳細をご案内いたします。
□お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1ヶ月以内にお振込みをお願い申し上げます。
□キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
 開催日の10日以内のキャンセルにつきましては、全額申し受けさせて頂きます。
□特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。
 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 写真撮影、録音、録画を禁止いたします。
TOPへ戻る