本文へ移動

JMSセミナー:MOT(技術経営)セミナー

MOT(技術経営)セミナー

2022-1-13 ★Webセミナーにて開催いたします★
 
 技術経営(MOT:Management of Technology)の考え方から実践的なノウハウ/実践活用までを、講師の方に詳細にご解説いただきます。
 
主 催 ㈱ジャパンマーケティングサーベイ
日 時 2022年1月13日(木) 9:55~16:00 (予定)
 ★Webセミナー(Zoomウェビナーによるライブ配信)として開催いたします。
  会場での受講はありません。
聴講料 1名様 49,500円(税込) テキストを含む
定 員 50名
講演テーマ/講師
 
「技術経営(MOT)」
日本工業大学 技術経営大学院
教務委員長 教授
清水 弘 氏     ★講師紹介ページ★
 
※昼食休憩 約1時間を挟みます。
※講演時間に5分程度の質疑応答を含みます。
 
   セミナーを申し込む ※お申込みの詳細は、プログラムの下部をご参照ください。
 
 
◆講演内容◆

「技術経営(MOT)」
日本工業大学 清水 弘 氏

1 技術経営/MOTとは

2 技術を活かしたイノベーションの実現とは 
  技術の基本理解 4つの視点 
  技術革新とイノベーションの違い 
  技術で勝ってビジネスで負けたは、なぜ起こったか 「イノベーションのジレンマ」 

3 技術経営の両輪 組織経営と価値創出 
 3-1 組織経営 戦略実現のため組織・プロセスに技術・資源を配置 
  Who/What/Howの方向性とは  
  全体俯瞰、ポートフォリオ思考と持続的競争優位「価値連鎖亅、
  「事業ポートフォリオ亅、「競争戦略亅  
  今の競合は正しい競合か「レッドクイーン理論亅。無形な経営資源の発掘「埋蔵金亅 
 3-2 新たな価値創出活動 無形なアイデアや技術からサービス具現化 
  機会を見出す「PEST/3C亅、市場技術マッチ「MFT亅、
  方向性「アンゾフ・マトリックス亅と「SWOT亅 
  差別化から違いへ「ブルーオーシャン戦略亅 
  マーケティングとイノベーションの違いと使い分け 

4 変革のシナリオ、変化対応のチーム・組織、課題設定と意思決定 
 4-1 機会の深化と探索の両立「両利きの経営」 変化がなぜ阻害されるか 
  「成功の罠亅 起こりつつある変革の認識「イノベーションストリーム亅 
 4-2 変化にあわせて進化 「学習するチーム・組織」 
  学習する組織の5原則 変化にあわせて進化するチーム・組織 
 4-3 課題設定型意思決定「イシュー分析」 
  発生型問題のモグラたたきから課題設定型意思決定へ 

5 ビジネスリテラシー  
 5-1 能力の氷山モデルと重要な6スキル 
 5-2 個人無形資産の時代へ エコシステムと無形資産 

6 まとめ 


 
◆申し込み要項◆
□申し込み方法
 弊社ホームページ及び講演会パンフレットの申込書に所定事項をご記入の上、弊社宛てに送信もしくはFAXお願い致します。
 申し込み書受領後、請求書を郵送致します。またWebセミナーの視聴方法について詳細をご案内いたします。
□お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1ヶ月以内にお振込みをお願い申し上げます。
□キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
 開催日の10日以内のキャンセルにつきましては、全額申し受けさせて頂きます。
□特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。
 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 写真撮影、録音、録画を禁止いたします。
TOPへ戻る