本文へ移動

JMSセミナー:セルロースナノファイバー の技術・開発動向

セルロースナノファイバーの技術・開発動向

2021-02-03 ★Webセミナーにて開催いたします★
 
 セルロースナノファイバーおよび複合材料の技術・開発動向について、4名の講師の方々に詳細に解説して頂きます。
 
主 催 ㈱ジャパンマーケティングサーベイ
日 時 2021年2月3日(水) 9:55~16:40 (予定)
★Webセミナー(Zoomウェビナーを利用)として開催いたします。
聴講料 1名様 53,000円(税別) (テキストを含む・事前に送付いたします)
定 員 50名
講演テーマ/講師
 
10:00~12:00
「セルロースナノファイバーの最新技術動向と応用展開について」
地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
研究フェロー 北川 和男 氏 
 
12:05~12:45 昼食
 
12:45~14:15
「セルロースナノファイバーと樹脂の混合・複合化技術」
大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 
教授 宇山 浩 氏 
 
14:25~15:25
「第一工業製薬におけるセルロースナノファイバーの水系添加剤としての技術・開発動向」
第一工業製薬株式会社 研究開発本部 ライフサイエンス統括部 
レオクリスタ開発グループ 専門課長
後居 洋介 氏 
 
15:35~16:35
「北越コーポレーションにおけるセルロースナノファイバーの多孔質材料・強化材料としての技術・開発動向」
北越コーポレーション株式会社 新機能材料開発室 研究ユニット
ユニットリーダー 根本 純司 氏
 
※各講演時間終了後に、質疑応答の時間(各5分)を設けます。
 
   セミナーを申し込む ※お申込みの詳細は、プログラムの下部をご参照ください。
 
 
◆講演内容◆
 
1. セルロースナノファイバーの最新技術動向と応用展開について
北川 和男 氏
 セルロースナノファイバー(CNF)の種類と国内製造・サンプル提供状況、
京都プロセス(樹脂中パルプ直接解繊法)のご紹介、ISO標準化・安全性評価技術、
CNFを活用した製品化・商品化・試作事例、自社技術・製品開発にどのように
CNFを取込んで行くかのポイント等について解説する。
 
2. セルロースナノファイバーと樹脂の混合・複合化技術
宇山 浩 氏
 1 繊維と樹脂の複合化技術(基礎)
  1-1 繊維強化プラスチック
  1-2 ナノコンポジット化技術
 2 セルロース系高分子複合材料
  2-1 ウッドプラスチック、バイオファイバー利用
  2-2 セルロースナノファイバーの利用
  2-3 修飾セルロースナノファイバーの利用
  2-4 セルロース系高分子複合材料の特性
 
3. 第一工業製薬におけるセルロースナノファイバーの水系添加剤としての技術・開発動向
後居 洋介 氏
 1.第一工業製薬におけるセルロースナノファイバー研究
 2.セルロースナノファイバーの水系添加剤としての機能
  2-1.ネットワーク構造を生かしたユニークなレオロジーコントロール
   2-1-1.レオロジーコントロール剤としての機能と特徴
   2-1-2.ボールペンインク、セラミック用途などへの実用化例
  2-2.油への吸着による乳化  
   2-2-1.油滴形成と安定化のメカニズム
   2-2-2.乳化機能の応用例
  2-3.微粒子への吸着による分散
   2-3-1.吸着による分散性向上機能とそのメカニズム
   2-3-2.分散機能の電池用途への応用例
 3.さいごに
 
4. 北越コーポレーションにおけるセルロースナノファイバーの
  多孔質材料・強化材料としての技術・開発動向
根本 純司 氏
 ・バイオ素材 "紙" で未来をつくる
 ・超高性能エアフィルタ素材となるセルロースナノファイバー多孔質材料
 ・セルロースナノファイバーを活用したオールセルロース材料とその応用
 
 
◆申し込み要項◆
□申し込み方法 
 弊社ホームページ及び講演会パンフレットの申込書に所定事項をご記入の上、弊社宛てに送信もしくはFAXお願い致します。
 申し込み書受領後、請求書を郵送致します。またWebセミナーの視聴方法について詳細をご案内いたします。
□お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1ヶ月以内にお振込みをお願い申し上げます。
□キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
 開催日の10日以内のキャンセルにつきましては、全額申し受けさせて頂きます。
□特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。
 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 写真撮影、録音、録画を禁止いたします。
TOPへ戻る