本文へ移動

JMSセミナー:MOT(技術経営)セミナー

MOT(技術経営)セミナー

2020-06-11 → 延期・Webセミナーにて調整中です。決まり次第ご案内します。
 
技術経営(MOT:Management of Technology)の考え方から実践的なノウハウまで、
またMOTマーケティングの入門からその実践活用までを、講師の方々に詳細にご解説
いただきます。
 
主 催 ㈱ジャパンマーケティングサーベイ
日 時 2020年6月11日(木) 9:55~16:35 (受付開始 9:30~)
会 場 東京都中央区内/近辺
聴講料 1名様 48,000円(税別) テキスト及び昼食を含む
定 員 50名
 
講演テーマ/講師
 
10:00~12:00、12:40~13:35
「MOT(技術経営)-MOTとしての視座を得る、実践ノウハウを学ぶ」
日本工業大学
技術経営大学院 教務委員長 教授
清水 弘 氏     ★講師紹介ページ★
 
(12:00~12:40 昼食)
 
13:35~16:35
「~顧客ニーズを技術につなげる~MOTマーケティングの入門と実践的活用」
株式会社テクノ・インテグレーション
代表取締役
出川 通 氏     ★講師紹介ページ★
 
 ※各講演時間に5分程度の質疑応答を含みます。
 
   セミナーを申し込む ※お申込みの詳細は、プログラムの下部をご参照ください。
 
 
◆講演内容◆
 
1. MOT(技術経営)-MOTとしての視座を得る、実践ノウハウを学ぶ
日本工業大学 清水 弘 氏
 
 1 技術とイノベーションを活かした経営の枠組み
  1-1 MOTとは何か、何が出来るのか
  1-2 価値創造と組織経営の両立
  1-3 修得すべき4つの事柄
 2 問題解決につながる5つの経営理論
  2-1 アイデアをスピーディーにチャリンと鳴らせる縦と横のアプローチとは
  2-2 「技術で勝ってビジネスで負けた」とは、これを如何に打破するか
  2-3 ちょっと差別化ではなく「他社との大きな違い」をどう発想するのか
  2-4 個別ではモグラたたきになる「複雑な問題の課題設定解決」を如何に行うか
  2-5 日本組織のエンゲージメントの低さはなぜか? 
      チームを活性化する組織運営をいかに行うか
 3 ベストプラックティス事例(3M)
 4 まとめ
 付録:基本用語集、技術リスト・資源分析
 
2. ~顧客ニーズを技術につなげる~MOTマーケティングの入門と実践的活用
株式会社テクノ・インテグレーション 出川 通 氏
 
 はじめに:自己紹介と概要
 Ⅰ いまなぜ新事業のためのMOTマーケティングか
  (1)現在の企業が置かれた状態の認識
  (2)R&D、MOT、MBAの位置づけとマーケティング
  (3)MOTマーケティングの基本コンセプトと実際の流れ
 Ⅱ 成功するためのMOTマーケティング(1)
  その基礎と区分けの意味・・・カテゴリー(領域)わけとキャズム越え
  (1)マーケットの分類(PLC、カテゴリーわけ)と戦略
  (2)イノベーション・プロセスへのキャズム理論の適用
 Ⅲ 成功するためのMOTマーケティング(2)
  顧客と対話して隠れたニーズを探り出す・・・技術からベネフィット展開へ
  (1)マーケティング戦略とは:仕様からベネフィットの転換
  (2)技術とマーケットの対話と関係
  (3)MOTマーケティングを利用した開発成功の実際事例
 Ⅳ 成功するためのMOTマーケティング(3)
  見えないマーケットの推測と定量化・・・フェルミ推定の活用
  (1)存在しないマーケットの推定理論:フェルミ推定法
  (2)フェルミ推定を用いたマーケットのサイジング問題と解法例
 <ミニ演習>
 Ⅴ 技術コアとマーケット・セグメントをつなぐ方法
 おわりに:新事業と技術者の成功はマーケティングから;
 (付録)日本のマーケットの特徴
 
◆申し込み要項◆
□申し込み方法 
 弊社ホームページ及び講演会パンフレットの申込書に所定事項をご記入の上、弊社宛てに送信もしくはFAXお願い致します。
 申し込み書受領後、請求書及び受講証/会場地図を郵送致します。
□お支払い
 請求書に記載されている弊社指定口座に、請求日の1ヶ月以内にお振込みをお願い申し上げます。
□キャンセル
 開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
 開催日の10日以内:全額申し受けさせていただく事になりますので、代理出席をお勧めします。
 代理出席がご無理な場合は、テキストを後日郵送いたします。
□特記事項
 講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。
 尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付いたします。
 会場内では写真撮影、録音、録画を禁止いたします。
TOPへ戻る