本文へ移動

サーマルインターフェース材&放熱フィラーの技術市場展望 2020

サーマルインターフェース材&放熱フィラーの技術市場展望 2020

発刊日
2019年12月25日発刊
価格
レポート:¥230,000-(税別)
レポート+CD:\250,000-(税別)
体裁
A4×230頁
略称
サーマル2020
備 考
CDはレポートの内容をPDF化したものです。

調査のポイント

◆サーマルインターフェース材(TIM)の形状タイプ、熱伝導率、アプリケーション別市場動向
◆放熱フィラーの形状タイプ、粒径、用途別市場動向
◆アプリケーション動向
◆メーカ事例研究
 
<調査対象>
◆サーマルインターフェース材(TIM)
 -シリコーン系、アクリル系、エポキシ系樹脂で、絶縁性タイプ(導電性を除く)の
  サーマルインターフェース材/高熱伝導シート
 -形状タイプ:シート、フェイズチェンジマテリアル(PCM)、グリース
◆放熱フィラー
 -アルミナ、窒化アルミニウム、窒化ホウ素

目次

調査結果のまとめ

第1章 サーマルインターフェース材の市場動向

1.サーマルインターフェース材の定義・・・1  
2.サーマルインターフェース材の概要・・・2  
3.サーマルインターフェース材の分類・・・4  
4.製品のタイプ別の特長・・・5  
5.サーマルインターフェース材の採用状況・・・7  
6.参入企業一覧・・・8  
7.主要メーカの樹脂/放熱フィラーの採用状況・・・11  
8.放熱フィラーの採用動向・・・13  
9.主要メーカの生産拠点・・・16  
10.主要企業の技術・開発動向・・・18  
11.市場規模・・・20  
12.市場規模推移・予測(2018~2030年)・・・38  
13.サーマルインターフェース材の価格帯・・・60

第2章 放熱フィラーの市場動向

Ⅰ.アルミナフィラー  
1.アルミナフィラー(放熱フィラー)の定義・概要・・・61  
2.アルミナフィラーの分類・・・63
3.採用状況・・・64  
4.参入企業一覧・・・65  
5.主要メーカの生産拠点・・・66  
6.主要メーカの技術・開発動向・・・67  
7.市場規模・・・68  
8.市場規模推移・予測(2018~2030年)・・・78  
9.製品価格帯・・・82
 
Ⅱ.窒化アルミニウムフィラー  
1.窒化アルミニウムフィラー(放熱フィラー)の定義・概要・・・83  
2.窒化アルミニウムフィラーの分類・・・85  
3.採用状況・・・86  
4.参入企業一覧・・・87  
5.主要メーカの生産拠点・・・88  
6.主要メーカの技術・開発動向・・・89  
7.市場規模・・・90  
8.市場規模推移・予測(2018~2030年)・・・100  
9.製品価格帯・・・104
 
Ⅲ.窒化ホウ素フィラー  
1.窒化ホウ素フィラー(放熱フィラー)の定義・概要・・・105  
2.窒化ホウ素フィラーの分類・・・107  
3.採用状況・・・108  
4.参入企業一覧・・・109  
5.主要メーカの生産拠点・・・110  
6.主要メーカの技術・開発動向・・・111  
7.市場規模・・・112  
8.市場規模推移・予測(2018~2030年)・・・122  
9.製品価格帯・・・126

第3章 アプリケーション動向

Ⅰ. 自動車・・・127  
 
Ⅱ. IGBTモジュール・・・140  
 
Ⅲ. 5G基地局・・・146

第4章 メーカ事例研究

Ⅰ.サーマルインターフェース材メーカ  
デンカ 株式会社・・・151  
富士高分子工業 株式会社・・・157  
The Dow Chemical Company・・・166  
Laird Performance Materials・・・174
 
Ⅱ.放熱フィラーメーカ  
昭和電工 株式会社.・・・181  
デンカ 株式会社・・・188  
日本軽金属 株式会社 ・・・195  
日鉄ケミカル&マテリアル 株式会社 ・・・199  
東洋アルミニウム 株式会社・・・203  
株式会社 トクヤマ・・・207  
古河電子 株式会社・・・212  
3M Company・・・216  
Momentive Performance Materials Inc.・・・221  
Saint-Gobain SA・・・226
 
<メーカ事例研究編>
1.企業概要
2.製品概要
3.生産拠点
4.販売動向
5.技術・開発動向
6.その他
TOPへ戻る