本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

【Live配信】有機ELの基礎と動向およびフレキシブル化・塗布化の現状と課題
2021-08-05
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2021年8月5日(木) 10:30~16:30

講 師  山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター 教授 博士(工学) 
     硯里 善幸 氏
  専門:有機エレクトロニクス、有機EL、バリア
 
聴講料  1名につき49,500円(税込、資料付き)
 
【2名同時申し込みで1名分無料】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料 35,200円(税込)
 
【ZOOMによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等
 ご確認下さい。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
受講の詳細および請求書等は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりご案内します。
◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
 キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 有機EL素子は、フレキシブル化・塗布プロセス化が可能なため、ディスプレイ分野にとどまらず車載、照明分野においても注目が集まっている。特にフレキシブルという特徴を活かした折りたたみスマートフォンのフレキシブルディスプレイにも用いられている。
 本講座は有機ELの原理・特徴に触れた後、特にフレキシブル化技術に関して、現状の技術の紹介に加え、将来技術を当研究室の取り組みも混じえ紹介する。また現在の製造プロセスである真空蒸着プロセスと今後期待される塗布プロセスの違い、課題について述べる。またディスプレイと照明における有機ELの特有の課題に関しても紹介する。

◆セミナー講演内容◆ 
1.緒言 
 1.1 スマートフォンにおける有機EL 
 1.2 有機EL市場と特徴 
 1.3 新たな有機ELの動き 
2.有機ELの原理と特徴 
 2.1 LEDとの違い 
 2.2 有機ELの構造と発光メカニズム 
 2.3 人の目と効率 
 2.4 タンデムデバイス 
3.有機ELのフレキシブル化 
 3.1 フレキシブル有機ELの課題 
 3.2 フレキシブル有機ELの封止構造と製造プロセス 
 3.3 真空成膜法の課題 
 3.4 安価なフレキシブル封止構造への取り組み 
4.塗布型(ウェットプロセス)有機EL 
 4.1 塗布型有機ELの課題 
 4.2 塗布型積層デバイス 
 4.3 主な成膜方法 
 4.4 各方式における課題 
5.有機ELディスプレイと有機EL照明 
 5.1 有機ELディスプレイ 
 5.2 有機EL照明  

□質疑応答□
TOPへ戻る