本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

【Live配信】CFRPリサイクルの国内外動向と課題・展望 および、低コスト・省エネ技術
2021-07-14
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2021年7月14日(水) 13:00~16:30
講 師  守富環境工学総合研究所 所長 工学博士 
     守富 寛 氏
 専門:化学工学、炭素繊維リサイクル、大気汚染(水銀排出など)、廃棄物処理
 
聴講料  1名につき44,000円(税込、資料付き)
 
【2名同時申し込みで1名分無料】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料 35,200円(税込)
 
【ZOOMによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等、ご確認下さい。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 輸送エネルギーの大幅な削減のため自動車・航空機への利用拡大が期待される炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、埋立処分が現状であり、炭素繊維のリサイクルが求められています。
  炭素繊維回収のリサイクル技術としては、熱分解・溶解法(常圧)・流体法・触媒分解法等があげられ、その形態としては、粉末状のミルド系・短繊維のチョップド系・長繊維があります。
 ここでは、リサイクル技術の概略に加え、特に二段階熱処理法による長繊維のまま回収できる低コスト・省エネについて紹介する。また、リサイクル炭素繊維の利活用の現状と課題についても紹介する。

◆セミナー講演内容◆ 
1.CFRPとリサイクルの需要動向 
 1.1 世界需要予測 
 1.2 日本需要予測 
2.炭素繊維の回収技術 
 2.1 海外における開発技術状況 
 2.2 日本における開発技術状況 
3.健康被害対策のための作業環境づくり 
 3.1 主な原因である粉塵の発生原因およびその特徴 
 3.2 マウス試験結果などを元にした健康への影響 
4.実用化に向けたリサイクル炭素繊維の規格・標準化 
 4.1 プラスチックの規格とは 
 4.2 リサイクル特有の課題 
5.低コストで安全性の高いリサイクル法 
 5.1 炭化炉特性 
 5.2 焼成炉特性 
 5.3 回収炭素繊維特性 
6.リサイクル炭素繊維の様々な活用例 
 6.1 ミルド(粉末)利用 
 6.2 短繊維利用 
 6.3 長繊維利用 
 6.4 超長繊維利用 
7.国内外の動向 
 7.1 世界市場とアジア市場 
 7.2 収集・回収・中間基材・製品への流れ加速

□質疑応答□
TOPへ戻る