本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

【Live配信】ディスプレイ向け光学フィルム 基礎および高機能化、最新の市場・技術トレンド
2021-07-13
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2021年7月13日(火) 13:00~16:30
講 師  株式会社FT-Net
     取締役副社長 技術士(応用理学部門、物理及び化学) 
     青崎 耕 氏 
【専門】光・電子など先端産業向けに主としてフッ素化学の新素材の開発企画および事業化
 
聴講料  1名につき44,000円(税込、資料付き)
 
【2名同時申し込みで1名分無料】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料 35,200円(税込)
 
【ZOOMによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等、ご確認下さい。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 ディスプレイ向け光学フィルムは、液晶ディスプレイに欠かせない機能を果たしており、全世界で年間約数兆円という巨大な市場を形成している。本セミナーでは、現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで、将来のトレンドを展望する。まずは光学フィルムおよびそれを構成するフォトニクスポリマーの基礎原理及び高度な諸機能について解説を行い、併せて講師の専門である「フッ素化学」が果たす役割についても紹介する。次に、次世代である有機EL、マイクロLEDや車載ディスプレイなどへの光学フィルムの応用の可能性について紹介する。

◆セミナー講演内容◆ 
1.光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要 
 1.1 光学機能とフォトニクスポリマーの分類 
 1.2 フォトニクスポリマーの個別紹介(分子構造、光学特性) 
  ・PMMA、PC、PS、PET、PVA、TAC、COP、PI 等 
 1.3 フッ素系フォトニクスポリマーの紹介 
2.ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場 
 2.1 フラットパネルディスプレイ及び光学フィルムの沿革 
 2.2 ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向 
 2.3 ディスプレイ光学フィルムの原理と特徴(個別紹介)
  ・偏光板(位相差、直線偏光、円偏光、楕円偏光) 
  ・反射防止フィルム(光学薄膜による多層コート原理) 
  ・輝度向上フィルム  
  ・複屈折制御フィルム(複屈折ゼロ、超複屈折) 
  ・その他のディスプレイ光学フィルム 
3.今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用 
 3.1 ディスプレイに共通する光学フィルムの高機能化技術トレンド  
  ・フレキシブル・フォルダブル対応  
  ・指紋付着防止(防汚) 
  ・モスアイ反射防止 
  ・ナノインプリント、など 
 3.2 次世代ディスプレイに向けた光学フィルムの応用の可能性  
  ・車載用ディスプレイ
   (大型化、曲面化、電子ミラー、ヘッドアップディスプレイ 等) 
  ・透明ディスプレイ 
  ・量子ドット  
  ・有機ELディスプレイ  
  ・マイクロLEDディスプレイ   

□質疑応答□
TOPへ戻る