本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用★Web配信セミナー★
2021-06-24
 ☆☆☆本セミナーは、Zoomを使用して、行います。☆☆☆
 
主 催  株式会社トリケップス
日 時  2021年6月24日(木)10:30-17:00
聴講料  お1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
     1口でお申込の場合 62,700円[税込]/1口(3名まで受講可能)
 
講師   菅沼 直樹 氏 
     金沢大学 高度モビリティ研究所 教授(博士(工学)) / 副所長
 
      セミナーを申し込む ※お申込みの詳細は、プログラムの下部をご参照ください。
  お問い合わせ
 
 
■セミナーの概要■
 現在,自動運転自動車に関する研究開発が世界各国で活発に行われている.この自動運転自動車の開発には従来人間が行っていた認知判断操作を車載センサおよびコンピュータにより代替させる必要がある.このような自動車には、不確実性のあるセンサ情報を如何に尤もらしく解析し、適切な判断を行うセンサ情報処理アルゴリズムが必要となります。
 本セミナーでは,現在の自動運転自動車のセンシングに欠かせないセンサとなっているLiDARを一例として取り上げ,自動運転自動車周囲に存在している移動物体の運動推定手法を題材とした状態推定アルゴリズムの解説を行います.また,金沢大学の実装例を交えて解その他の自動運転全般の技術の概要についても解説する.

■講義項目■
1 自動運転自動車に関する研究動向と必要技術  
 1.1 自動運転の歴史  
 1.2 自動運転に必要な技術  
2 自動運転に用いられるセンサの概要と特徴  
 2.1 LiDARの動作原理と特徴  
 2.2 RADARの動作原理と特徴  
 2.3 ステレオカメラの動作原理と特徴  
3 LiDARに基づく各種認識技術の概要  
 3.1 LiDARを用いた走行空間認識  
 3.2 移動物体認識の概要とその重要性  
4 移動物体の運動状態推定と追跡  
 4.1 カルマンフィルタによる状態推定  
 4.2 データアソシエーションとマルチターゲットトラッキング  
5 自動車の自動運転への適応  
 5.1 自動運転システム全体の概要  
 5.2 公道走行試験の概要と現状  
まとめ

  
<お申込・お支払方法>
*本セミナーは、Zoomウェビナーを使用して行います。
 受講者の通信回線にセキュリティなどの制限がある場合は参加できないことがあるため、事前に当日ご利用予定の通信回線にて、Zoom公式ページ(https://zoom.us)にアクセスできることをご確認していただくようお願いします。
 または、Zoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認ください。Zoomをダウンロードしている方はマイクとスピーカーのテストも可能です。(※こちらは接続テスト用のミーティングです。実際のセミナー参加者画面とは異なります。) 
*開催5日前まで、参加者に当日必要なURLとパスワードをメールにてお知らせします。
*開催7日前に請求書を発送します。
*複数名で受講される場合は、代表受講者を定めて下さい。請求書発送等の連絡は代表受講者へ行ないます。申込時に参加者全員の氏名・所属が明記されていない場合、ご参加できない場合があります。
*申込みのキャンセルは開催日の10日前の17時までお受けします(メールの場合、同時刻着信分まで)。9日前以降のキャンセルは受講料全額を申受けます。但し、セミナー終了後テキストを郵送します。
*通常、テキスト代は受講料に含まれますが、一部のセミナーにつきましては別途注文になります。その場合は申込時に要、不要を選んで下さい。
*受講料は開催日までに請求書に指定の銀行へお振込み下さい。(振込手数料はお客様負担) 一旦納入された受講料はご返金できません。当日ご都合のつかない場合は代理の方がご出席下さい。
*受講申込者が必要定員に満たないセミナーは中止・延期させていただく場合があります。その場合は開催1週間前に連絡します。
TOPへ戻る