本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

【Live配信】ナノ微粒子分散のポイントと分散剤・分散機の選定
2021-06-21
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2021年6月21日(月) 10:30~16:30
講 師  郷司技術士事務所 代表 
     郷司 春憲 氏
   【専門】界面化学分野
 
聴講料  1名につき49,500円(税込、資料付き)
 
【2名同時申し込みで1名分無料】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料 35,200円(税込)
 
【ZOOMによるLive配信】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 機能性フィラーの開発が進み、様々な製品において高性能化・多機能化のために、こうしたフィラーを配合することが行われている。また更なる高機能化のためフィラーをナノ領域まで微分散させるニーズも高まり、分散技術の重要性がますます増している。フィラーや顔料などの粒子をナノ領域まで安定に微分散するには分散剤の適切な選択と分散機など分散条件の設計が重要である。粒子は微粒子に分散するほど不安定になり様々なトラブルを発生しやすい。高度な分散を達成するための基本的な考え方、分散剤、分散機の選定・分散条件の考え方、評価方法、ナノ微粒子分散での事例とトラブル対策について解説する。

◆セミナー講演内容◆ 
1.微粒子化と分散安定化のための考え方
 1-1 微粒子化のプロセスとヌレ 
 1-2 粒子間引力を弱めるには?
 1-3 粒子間反発力を高めるには? 
 1-4 ポリマー吸着の原動力 
2. 分散剤の選定と利用技術 
 2-1 分散剤の種類・構造・機能 
 2-2 粒子表面の性質と評価技術 
 2-3 分散剤の特性と評価技術 
 2-4 分散剤の選択と上手な使い方 
3.分散機の選定と利用技術 
 3-1 様々な分散機と特長 
 3-2 分散機の選定と上手な使い方 
 3-3 ビーズミルの運転条件(分散温度 周速 ビーズ径 充填率など)は分散品質へどう影響するのか 
 3-4 分散度と安定性を両立するためのプロセス 
4.分散系の評価方法 
 4-1 分散度の評価方法と注意点 
 4-2 分散安定性の評価方法と注意点 
5.微粒子分散とトラブル対策
 5-1 微粒子化のためのポイント 
 5-2 安定化のためのポイント
 5-3 トラブル事例と対策
  5-3-1 過分散とは何か 
  5-3-2 乾燥過程での凝集 
 
□ 質疑応答 □
TOPへ戻る