本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

【Live配信対応】航空産業界のコロナインパクトと空飛ぶ車(eVTOL)のテクノロジーおよび事業化動向
2020-11-24
このセミナーは、【会場受講】もしくは【Live配信受講】が選べます。
 
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2020年11月24日(火) 12:30~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 第1グループ活動室
    ★Live配信セミナー(リアルタイム配信)
 
講 師  (株)航想研 代表取締役社長 
     奥田 章順 氏 
【専門】先進技術の技術評価、市場性・事業性評価、
    事業化(特に航空宇宙分野)
    ※これまでに300以上の航空宇宙関連のプロジェクトを実施
 
聴講料  1名につき44,000円(税込、資料付き)
 
【2名同時申し込みで1名分無料】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)】【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料 35,200円(税込)
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】と記入のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 
★【Live配信セミナー】をご希望の方は、事前にお問い合わせください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
(2)動画視聴・インターネット環境の確認が必要となります。
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆趣旨◆
 
 世界の航空界(エアライン、製造業、メンテナンス等)はCovid-19(新型コロナウイルス)により、これまでに経験したことが無い厳しい状況におかれておりますが、一方で、ドローンによる医薬品や日用品の輸送が増えるなど、新たな航空機産業の事業機会を生み出しつつあります。本講演では、Covid-19の航空機産業へのインパクトについて述べるとともに、現状の厳しい市場・事業環境下で引き続き注目されている「空飛ぶ車(eVTOL)」の動向(技術、事業化等)、航空機産業におけるその位置づけなどについてお話いたします。そして、アフターCovid-19の航空機産業と「空飛ぶ車(eVTOL)」の今後について展望いたします。                              
※eVTOL:electric Vertical Take-Off and Landing(電動推進システムの垂直離着陸機)
 
◆セミナー講演内容◆
 
【得られる知識】
 Covid-19の航空産業への影響(ファクト)、Covid-19を受けての航空産業の動向
「空飛ぶ車(eVTOL)」とは何か、開発・事業化動向、技術、認証、事業化の課題、市場性など
 
1.Covid-19の航空産業へのインパクト
 1.1 Covid-19のインパクト(エアライン、航空機製造業、MRO等)
  1) エアラインとMRO事業
  2) 航空機製造業
 1.2 Covid-19環境下での新たな事業機会
  1) Covid-19対策
  2) 貨物輸送(改修、無人機の活用等)
 1.3 アフターCovid-19の航空機産業の展望
  1) 市場回復のシナリオ
  2) 電動化の流れ
  3) 「空飛ぶ車(eVTOL)」の位置づけ
2.「空飛ぶ車(eVTOL)」の動向
 2.1 「空飛ぶ車」とは何か
  1) ローダブル・エアクラフト(公道を走れる「空飛ぶ車」
  2) eVTOL:electric Vertical Take-Off and Landing(現在の「空飛ぶ車」の主流)
  3) 「空飛ぶ車(eVTOL)」とドローン、無操縦者航空機
 2.2 「空飛ぶ車(eVTOL)」の動向
  1) 米国、欧州の開発経緯と現状
  2) 主な「空飛ぶ車(eVTOL)」のプレイヤー:
  ・米国:Boeing/AFS/Wisk、Joby Aviation、Beta Technologies、Bell、Kittyhawk、
      Lift、Uber Elevate等
  ・欧州:Airbus、Volocopter、Lilium、Vertical Aerospace等
  ・アジア: Skydrive、teTra、Ehang等
 2.3 「空飛ぶ車(eVTOL)」の技術動向
  1) 主な機体構成技術
  2) 運航技術、インフラ
 2.4 「空飛ぶ車(eVTOL)」の事業化
  1) 「空飛ぶ車(eVTOL)」の認証動向
  2) 事業化のためのプレイヤー
  3) 事業化に向けての課題と市場展望
 
  □質疑応答□

 
TOPへ戻る