本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

技術者が知っておくべき他社特許対策と自社特許強化への考え方
2020-03-11
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2020年3月11日(水) 10:30~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
聴講料  1名につき49,500円(税込、昼食・資料付き)
 
     【2名同時申し込みで1名分無料】
     ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
     ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
講 師  栗原光技術士事務所 代表 栗原 光一郎 氏
     【専門】発明創出~権利化及び他社対策支援
         セラミック電子部品等でのQCD改善・プロセス設計支援
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 
 新製品・新技術を担当する技術者にとって、自社特許出願は必須業務の一つとなっていると考えます。しかしながら、その出願は、しっかりと競合・先行他社特許の状況を把握した上での出願となっているでしょうか?また、開発している製品・技術に対して、障害となる他社特許はきちんと抽出できて、対策はなされているでしょうか?開発に関わる技術者が理解すべき特許及びその調査・対策、そして自社特許の強化について学びましょう。
 
◆講演内容◆
 
1.特許の基本/知らなかったでは済まない他社特許侵害
 1)特許法と特許制度
 2)出願から権利化までの手続き・流れ:
  a)日本出願と外国(PCT)出願
  b)優先権出願
 3)侵害/非侵害の判断の仕方(対比表とオールエレメントルール)
 4)技術文献・情報としての特許文献
2.他社特許調査
 1)製品・技術のフェーズで異なる調査の目的と調査範囲
  a)開発初期:技術動向調査
  b)開発段階:<自社の>出願前調査
  c)開発段階:<自社技術・製品が、他社の>権利侵害(侵害予防)調査
  d)開発終期~製品化後:<他社登録特許の>無効資料調査
 2)特許分類と検索式
 3)特定特許の出願各国(ファミリ)での審査状況の確認  
3.他社特許対策
 1)継続的に発行公報のチェック
 2)公開段階での対策
  a)対比表の作成・該非判断
  b)回避可否の判断
  c)特許庁への情報提供による無障害化(日本、中国、米国の事例)
 3)登録後の対策
  a)無効資料調査
  b)実施許諾申し入れのための調査
 4)日常の対策:公証役場での確定日付取得
  a)新製品生産の計画、工場の設計図面等の文書<先使用権主張>
  b)開発製品そのもの、製造のための文書、検査データ、など
4.自社出願特許への反映
 1)競合・先行他社特許を知って、自社技術を議論
 2)自社出願~登録特許があっての他社対策(「秘匿」の限界)
 3)先願主義:(他社より)1日でも早い出願
 4)優先権出願の効果的活用
 5)臨界的意義について
 6)実施可能要件について
5.まとめ
 
  □質疑応答・名刺交換□

 
TOPへ戻る