本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

―先制医療・ヘルスケア領域の技術革新へ― バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開
2020-06-18
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2020年6月18日(木) 13:00~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
聴講料  1名につき44,000円(税込、資料付き)
 
     【2名同時申し込みで1名分無料】
     ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
     ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
講 師  東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 センサ医工学分野 教授
     三林 浩二 氏
     【専門】バイオセンシング技術の新たなアイディア発想と先制医療への応用
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
◆セミナー趣旨◆
 
 酵素などの生体認識素子をデバイス素子として用いる「バイオセンサ」について、新たなアイデア発想により開発した「ウエアラブルデバイス」、「キャビタス(体腔)センサ」、「生化学式ガスセンサ&探嗅カメラ(イメージング)」さらには「アクチュエータ」、「人工臓器」について紹介し、今後の先制医療への応用も含めて解説する。
 
◆講演内容◆
 
1.医療分野におけるバイオセンサの必要性
2.バイオセンサの原理と種類
3.酵素型バイオセンサの測定系
4.性能評価(選択性、定量性、検出限界、寿命、再現性、バラツキなど)
5.近未来のバイオセンサ
6.半導体プロセスを用いたバイオセンサ
7.ウエアラブルバイオセンサ
8.ソフトコンタクトレンズ型バイオセンサ
9.生体適合性材料を用いたバイオセンサ
10.涙液成分計測による非侵襲血糖評価の可能性
11.眼部からの経皮ガス計測
12.生体由来揮発性化学成分の高感度バイオセンシング
13.口臭成分計測用バイオセンサ
14.光ファイバー型バイオセンサ
15.バイオセンサ技術を応用した揮発成分の可視化計測
16.バイオセンサ技術を利用した人工臓器システム
17.自律血糖制御システム(人工すい臓)
18.今後の先制医療&予防医療
 
  □質疑応答・名刺交換□

 
TOPへ戻る