本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

軽量、薄型、曲面化を実現するためのタッチパネル材料・デバイスの基礎と最新動向 【名古屋開催】
2019-11-07
主 催  株式会社R&D支援センター
日 時  2019年11月07日(木)12:30~16:30
会 場  ウインクあいち 10F 1006
聴講料  1名につき49,500円(税込、資料付き)
     ・2名同時にお申し込みいただいた場合、2人目は無料(2名で49,500円)
     ※ただし、2名とも案内登録をしていただいた場合に限ります。
      割引を希望される方は、連絡事項欄に「案内登録希望」とご記入ください。
 
     ※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、
      お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
   
講 師  (株)タッチパネル研究所 開発部 部長 工学博士 
      中谷 健司 氏
      
     
  ◆受講証及び請求書は、株式会社R&D支援センターよりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込にて、原則として開催日までにお支払い下さい。
  ◆お申し込み後はキャンセルできません。
  ご都合が悪くなった場合は代理の方がご出席ください。
 
 
◆講座の内容◆
【受講対象・レベル】
初心者から、タッチパネルの応用を考えている開発者まで、さらに材料から市場を探索している人まで広い範囲の方
 
【習得できる知識】
今後のタッチパネル市場と それに必要な材料、開発要素
 
【趣旨】
タッチパネルの次なる市場として、大型化、曲面化の生きる車載用途やFoldable,Rollableパネルが注目されている。
これらを実現するためのタッチパネルセンサーやカバー材料、パネル構造を解説する。
 
【プログラム】
1.タッチパネルの種類
2.タッチパネルの市場動向
3.タッチパネルの次の市場は何か? 
4.車載用途に必要な特性 
5.Foldable,Rollableに必要な特性
6.静電容量式タッチパネルの構造と原理
7.ITOセンサーの限界
8.ITO代替材料になにがあるか?
9.メタルメッシュ系センサーの特徴と課題
10.メタルメッシュ系センサーの製造法
11.AgNW系センサーの特徴
12.プラスチックカバー材の特徴と課題
13.プラスチックカバー材での曲面、3D化
14.カバー材料の成型方法
15.反射防止などの表面処理法
 
TOPへ戻る