本文へ移動

セミナーのご案内 《他社主催セミナー》

技術/研究者のためのコーチング的コミュニケーション技術
2019-07-22
主 催  サイエンス&テクノロジー株式会社
日 時  2019年7月22日(月) 10:30~16:30
会 場  東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
聴講料  1名につき48,600円(税込、昼食・資料付き)
     【2名同時申し込みで1名分無料】
     ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
     ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 
講 師  中小企業診断士  岡村 善裕 氏
              [元 共和薬品工業株式会社]
 
得られる知識
・コーチングの基本
・コーチング的コミュニケーション(傾聴、承認、質問)
・コーチング的コミュニケーションの具体的な活用方法
 
 
  ◆受講証及び請求書は、サイエンス&テクノロジー株式会社よりお送りします。
  ◆受講料は、銀行振込(開催日まで)、もしくは当日現金にてお支払い下さい。
  ◆お申し込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。
   キャンセルの場合は、サイエンス&テクノロジー株式会社の規定が適用されます。
 
 
 
◆セミナー趣旨◆
 技術/研究者は専門職であるゆえ、自分一人で仕事に打ち込み、職人気質の人が多い。しかし、最近は技術/研究者の役割に後輩の育成が1つのテーマになっている。さらに、中堅社員は部門横断型プロジェクトへ参画する機会もあり、価値観の違うプロジェクトメンバーとの協働作業が必要になる。このセミナーでは、コーチングの基礎を学び、これを活用したコミュニケーション技術をセッション及びグループディスカッションにより習得する。
 
◆講座の内容◆
 
1.コーチングとは
 1-1 コーチングの鉄則
 1-2 性格と個性の違い
 1-3 カウンセリングとコーチングの違い
 1-4 トレーニングとコーチングの違い
 1-5 コーチングの基本
 1-6 コーチング的コミュニケーションの目的
 1-7 コミュニケーションの種類
 1-8 セルフコントロール
 1-9 コーチングスキル
 
2.聴く(傾聴)
 2-1 訊く、聞く、聴く
 2-2 うなずき、あいづち
 2-3 繰り返し
 2-4 相談を受けた時の態度
 
3.感じる(承認)
 3-1 自分に気づく
 3-2 違いを受け入れる
 3-3 受け入れる
 
4.伝える(質問)
 4-1 質問の種類
 4-2 コーチングにおける質問
 
5.コルブの経験学習モデル
 5-1 経験学習モデルとコーチング
 5-2 具体的な経験
 5-3 内省的省察
 5-4 抽象的概念化
 5-5 積極的実施
 
6.活用シーン
 6-1 1 on 1 meeting
 6-2 会議でのファシリテーター

  □質疑応答・名刺交換□
 
TOPへ戻る